コエンザイムQ10の摂取量

コエンザイムQ10の摂取量目安は1日に30~60ミリグラムと言われています。
では60ミリグラム以上摂取してはいけないのかというとそういうこともなく、実は摂取量に上限が定められていない成分なのです。
多くの健康食品について食品安全委員会では、副作用の危険性があるとして摂取上限を定めています。

しかし、コエンザイムQ10においてはそうした結果が見出されなかったことから、摂取上限を定めないという極めて異例の決定がされているんです。
コエンザイムQ10は何も意識せずに食べている普段の食事の中にも含まれています。
肉・魚・野菜など様々な食材に元から含まれている成分だからです。

毎日の食事を食べて、そこにコエンザイムQ10のサプリメントをプラスして取り入れて、それでたとえ摂取目安量を超えてしまっていても、それはそれで全く問題が無いんですね。
そんなコエンザイムQ10ですが、よりその吸収率をあげるためには、食事中や食後に取り入れるのが良いと言われています。

ですから、サプリメントで取ろうというときにはきちんと食事をしてから飲むのがベストです。
また、最もベストな状態はオイルと一緒にとることと言われています。
というのも、コエンザイムQ10は脂溶性の成分だからなんです。

ですから、もしも食事がとれないといった時にサプリメントを飲むのであれば、例えばチョコレートなど脂肪分を含んだものをちょっと食べてから飲むといった工夫をすると良いでしょう。
サプリメント自体を選ぶ際にも、コエンザイムQ10とオイル成分が含まれていることは重要なポイントになってきます。

こうしたより吸収率を高くしようということを考えると、食事からのコエンザイムQ10を有効にとろうというときも良質のオイルを使用して調理するというのが良いと考えられます。
特に野菜などはヘルシー志向の高まりからさっぱりとした状態で食べたいという方が多いかもしれませんが、ドレッシングなどオイルを含んだものと一緒に食べるとコエンザイムQ10の吸収率はより良くなります。
このサイトに、コエンザイムQ10摂取後の体感について、紹介しているページがありました。参考になりますのでご覧ください。

Copyright© 2011 CoQ10 サロン All Rights Reserved.